スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むっくの診察と初見結果

先日むっくはがんばって、

DSC03635.jpg

病院の診察を受けました。


「ぼくすごくいいこだったよ」
DSC03636.jpg


必ずハマる、鎌倉と湘南のダブル渋滞で焦る飼い主たち多数続出、米倉動物病院
DSC03388.jpg

最初の診察は、事前に予約の電話をした時に細かい症状を聞いて大変親切に接してくださった先生でした。
むっくの手足、目の周り、腹部を診てすぐ症状を把握され、すらすら説明を始めました。




まず。
むっくはおそらくアレルギー。
この病院に駆け込んで来られる患者さんの中ではかなり軽度で見逃しがちだということ。
(実際私たちが全く気に止めてなかったことが、実はアレルギー症状だった)

その後院長先生も出てきて診てくださり、同じ見解。
噂とは全く違って、とーっても優しい方! 
「おまえ真っ白だな~~」ってむっくをうりうりしてくれました。




他の病院で行うアレルギー検査(主に食物)ではほとんどの場合アレルギーが出るため、
食事を変える指導が行われるそうですが、ここではアレルギー=ハウスダストアレルギー。
よって食事は人が食べるものとほとんど変わりないものをあげて良い、という考え。

予約の段階で、血液検査をするため朝食は抜き、おうちの掃除機からゴミを10g持ってくるよう
言われていました。
血液検査で今のむっくの症状を詳しく診るため、採血へ。



むっく~~~
採血なんてはじめて・・・
予防注射は一瞬だしむっくもきょとんとしてるんだけど、採血は長いしまた違うよね。。


採血中はむっくと目が合わないよう後ろで見守り、速やかに二本分注射。


むっくはいつでも鳴いたりせず終始おとなしい。
その様子を見てるだけでなんかじ~~んとしてきちゃって・・。


無事採血を終えた直後のむっく。
DSC03385.jpg

むっく~~~いいこだったね、がんばったね!
「えへ」
DSC03386.jpg


血液検査結果が出るまでに二時間。

その後、むっくの症状に合わせたお薬が処方され、総合的な結果の説明がされます。




それまでむっくの朝食&私たちのランチタイム♪




海岸通りまで出ればワンちゃんO.K.のお店がたくさん並んでます。



緊張の場から解放されたむっく。
「はやくいくよー!」   足つっぱりすぎでは?
DSC03392.jpg

「こっちこっち!」  ぐいぐい。
DSC03390.jpg

ほんといつもはおとなしいのにお散歩の引きは横綱級。


海岸沿いにあります「DOG GARDEN RESORT」にやってきました。
DSC03430.jpg
1階はドッグラン。
DSC03424.jpg

カフェは2階テラスに。

ぼくちゃんもお顔をふきふき。
DSC03412.jpg

DSC03413.jpg

「じゅんびおっけー!」
DSC03420.jpg

「なにたべる??」
DSC03428.jpg
「いっぱいたべたいよね?」
DSC03427.jpg

それよりむっく、座りなさい。
「・・・・・・」
DSC03426.jpg


「じゃこれで。」  いい子です。
DSC03416.jpg
「まだかなーー。」
DSC03415.jpg


と、お隣りに何とも個性的なお友達が。


「あついね」 ニカッ。
DSC03405.jpg

反対隣にはお食事中のパピヨンちゃま。
「ごきげんよう」
DSC03410.jpg


「ワンコがいっぱいいる」   そういうあなたもワンコよ。
DSC03417.jpg






1階にはDOG DEPTのお店も。
DSC03425.jpg

「かいものはもういいよー。ていうかうんざりー。」   ・・・正解です。
DSC03429.jpg



まだ少し時間があったので、お散歩してまたお茶へ。



血液検査の結果と処方箋についてははた次回につづきます。。


↓↓応援、ポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
 
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村 ビションフリーゼ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

掃除機のごみを持参だなんて
やばい お掃除頑張んなくっちゃって思いましたi-183

うちのワンも2歳を過ぎたら
アレルギー検査をしようかな...と思ってます。

ただ血液による検査じゃなくて
皮膚で調べるアレルギー検査を考えてます。

No title

Winkleさん、コメントありがとうございます。

ゴミの持参なんて笑えますよねi-202
今まで計ったことなかったのですが、狭い我が家では
塵の10gってけっこうなお掃除量でしたi-203

アレルギー・アトピーは一生付き合っていかなきゃいけない
その子の体質で、ただひどくなるのを抑えてうまく付き合って
いきましょうって治療のようですね。
じわじわと始まるようなので、どの病気にも言えますが、
飼い主の注意深い観察って本当に大切なんだなって思いました。。
間違った治療をさせても恐いし、私ももっと勉強しないとです~i-182

皮膚で調べるアレルギー検査、初耳です!
とっても興味深いですね!
アメリカは獣医学が進歩しているので選択肢も広がりそうですね。

体験レポも見てみたいです☆





プロフィール

うさ

Author:うさ
     ★
     ★
犬の名前:むっく
犬種  :ビション・フリーゼ
生年月日:2010.3.14
好き:人(特にメンズ)・犬全般
嫌い:特にナシ 

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。