スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米倉動物病院流、あんこでおくすり

だらだらと引き続き米倉動物病院です。

血液検査の結果が出るまでに2時間。
まだ少し時間があったので、お茶することに。

朝からご飯も食べれず長時間車で移動、しかも狭いケージの中。
着いて即診察・採血でお疲れ気味のむっくさん。
採血後にすぐ持参のご飯をあげて、マーキングも済ませ、
この日ぽかぽか陽気の中おひざの上でウトウト・・・というかガン寝。

「ぐーー」
DSC03434.jpg

おーい、むっくさーん

「しーん」    固まっております。
DSC03436.jpg

むっくさんおやつ!

「は?」
DSC03439.jpg


「くいけよりいまはねむけ。ぐーーー・・」
DSC03440.jpg

このポーズになるとおうちでも外でもよくおねんねします。
今日は特に疲れたよね。ほんとによくがんばったね。



・・・てか二人しておんなじような洋服着ないでくれる?(同系色・同素材)

DSC03435.jpg

「ぼくととぉちゃんはいっしんどうたい」


そうだね、大好きだもんね。

むっくにしたら夫は完全に群れのリーダー。
私はむっくの遊び相手か配膳係ってとこかしら。




しばしおねんねさせて、数十分後、むっくを起こして再度病院へ。

「どして」  
DSC03444.jpg
「まだなんかするの」
DSC03443.jpg

もう嫌なことはしないよ。

むっくと一緒に検査結果とお薬内容の説明を聞きます。
30分近く、むっくはじっと診察台でいい子に伏せして待ってました。


■血液検査結果
ALB(アルブミン)という数値を除き、全て正常値。

ALBは正常値より0.2g/dl低下でしたが、こちらの病院で設けている正常値は
他の一般的な病院よりも若干厳しめ、ということで、通常は正常値で括られる範囲だとのこと。
なので今はさほど心配しなくてもよい。
(あと、去勢や避妊をしていると同時にホルモン検査も行われるがむっくは該当せず除外)

■総合診断名
・アトピー
・包皮膿漏症

■今回の処方箋たち
DSC03707.jpg

下にひいたピンクの紙が「皮膚病診断・治療説明書」で、
①血液検査結果 
②治療薬品解説
③ハウスダストアトピー舌下鼻腔減感作療法(アレルギー減感作免疫増強方法)
の説明が細かく記してありました。

最悪の状態を4としたら、むっくは3.2だそうで。
これってかなり悪そうですが、軽度のレベルのようです。

ハウスダストアトピーに関して、先生の持論はこちら
人も犬も同じ。アレルギー・アトピー患者が増えている現代、おんなじ環境で一緒に生活していれば
犬だってその危険性を帯びている、ということでしょうか。。

私も夫も埃、ダメです。くしゃみや鼻水ずるずるになっちゃう。

でも自分が病院に行くほどのアレルギーではないのでこの辺り、とても疎かったんです。
最近になって犬のアレルギーに関する色々な症状や治療法を知り、
その中でここの病院の治療法を見付けました。

舌下減感作療法

人の花粉症治療として使われている免疫療法として認知していたので、
理論的にはすんなり受け入れられました。
ステロイドや抗生剤で押さえつけるのではなく、体の免疫機能を正しい方向へ
直してあげる。
効果の有無は別にして、何年、何十年先のむっくの体の事を考えると、
この方が自然なのでは・・?



【薬(個別説明)】
①舌下減感作療法用のお薬。
DSC03478.jpg
冷蔵保存で1ヵ月分。
一日二回、お鼻とお口に一滴づつ投与。
こちらの病院で、350件分のおうちの掃除機内の塵埃を抽出、遠心分離し滅菌・無菌化したもの。
甘い味がするらしい。
むっくは初回なので10.000倍に薄めた液から始めます。

②マル秘粉薬
DSC03477.jpg
私たちは細かく成分を聞いてますし、診断書に記載もあります。
ただ各々のワンコの体重や症状、状態に合わせ、先生独自のプログラムにより
何種類もの薬を混ぜ合わせた粉状の内服薬となるので、ブログなどに載せることもNGだそうです。
一日一包、三回に分けて投与。30日分いただきました。

噂のあんこはここで登場。薬がまずいので、普通嫌がる。ねりあんに混ぜて三等分し、
一回分づつヨーグルトで混ぜて与えよ、と。 

なぜあんこ?

この時の説明は全て女性の先生だったのだけど、
「チーズでも何でもいいのよ、好きなもので混ぜやすければ。
 あんこは院長がどうしても説明に入れろと言うから、あはははは。」みたいな。
院長イチ押しなんですね。

まぁうちは忠実に買いましたよ。

ねりあん
DSC03480.jpg
でかっ!
最寄りのスーパー、このサイズしかなかったんだけど。
小型のむっくじゃ10gくらいしか使わないうちに傷んじゃいそう。
うちはこれに薬を混ぜて三等分し、一回分をごく少量の牛乳でのばして与えてます。
ちゃんと喜んで食べてくれたよ!

もっと小分けなねりあんを捜索中です。


③ビタミン剤
DSC03473.jpg
大きなボトルはビタミンE,F。毛艶を良くする効果が。
一日二回、ティースプーン1/4杯をドライフードにかけるだけ。
小さいボトルがビタミンA。
こちらも一日二回、一滴をご飯に。

④軟膏
DSC03472.jpg
お散歩前に肉球の間に塗ります。

そして最後に、
⑤包皮膿漏症用お掃除セット
DSC03471.jpg
お散歩前とか、黄色っぽい白い液体がおちんにちょんって付いてることがあって、
完全におしっこだと思っていたのですがどうやら膿だったようで・・。がーーん。
今まで一度もそんな事言われた事なかったのに、診察始めて1秒後くらいに言われたし・・。
ですがこちらはこのお掃除セットで毎日1回洗って消毒してあげれば、半年もすれば治るとのこと。
物騒な注射器がありますが、そんな痛い事はしません。


むっくの処方箋は以上です。


今後ある程度の期間を経て塵埃の濃縮液の濃度を濃くしていき、粉薬を減らしていく。
いずれ薬をゼロにしていきましょう、という治療。


やるべきこと増えたなーって感はありますが、これで徐々にでもむっくが楽に
なるのであれば。何もしないよりいい。注射もないし病院嫌いにもならなさそう。
ダメでもまだ症状は軽いし先も長いし。

気長にいこうね。

DSC03696.jpg
「ぼくもがんばるよ」


と言っていてくれてるといいな。

これから先も辛い思いさせないように。


DSC03662.jpg

この笑顔のためにも。


↓↓応援、ポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
 
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村 ビションフリーゼ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米倉動物病院での体験レポート
楽しく読ませていただきました。

それにしてもビックリすることが
多かったです。

何よりも驚いたのは
掃除機のゴミ10g分を持参...。

つまり
他の患犬のための薬の原材料として
うささんちの掃除機のごみを
病院に寄付したことになるんですよね。

...んでもって
むっくくんは結局
アトピーがあるということですか?!

こちらの動物病院のことをネットで検索したら
シャンプー(お風呂?)禁止とかなんとか?!

これからはむっくくんのシャンプーは
どうなっちゃうのですか?

はじめまして

病院レポート楽しく拝見しました。
私は、札幌在住、道産子です。北海道産の小豆を使ったあんこ、いいですね!あんこも冷凍保存大丈夫ですよ!
我が家にも3歳のビションがいます。
時々ホットスポットがでるので、何かしらアレルギーがあるだろうと思っています。
こちらの病院の薬、すごく効きそう。
札幌にも探せばこんな病院あるのかなあ・・・。
また、アレルギー情報など楽しみにしています。

No title

・・・Winkleさん・・・

コメントありがとうございます。

そうなんです、我が家のゴミを提供してまいりました(笑)
何カ月後にはうちのゴミが混ざった薬が作られるでしょうi-229

むっくの診断はアトピーとありました。
たくさんの皮膚病のワンちゃんを診てきた先生の
臨床診断の結果、むっくの症状は初期段階の
顕著な症状だったのでしょう。

もともとこの医院では、ワンちゃんの食物アレルギーは
血液検査で必ず何か引っ掛かるもので、信用できないという
考えのようですから。
真の原因は他にある、その9割がハウスダストアトピーだという事です。
実際、何度食べ物を変えても治らず駆け込んでこられる方も多いと・・。
単純にアレルギーの食べ物を排除して治ればいいんですけどねi-181 
現実は複雑なようです。。

シャンプーですが、この犬種にとってトリミングは引いて考え
られませんよねi-201
むっくはまだアンダーコート生え揃っていないので、こまめに切って
あげたい・・。今はそれほど強くシャンプー禁止されてませんが、
こっそり(?)月イチのトリミングは行こうかと思っています。

Winkleさんもゆきくんの将来の為に大きな決断をされましたものね!
でもそれでもワンちゃんの可愛さは全く変わりませんi-176

今はまだ大丈夫ですが、もし本当に皮膚が悪くなってしまったら、
もじゃもじゃむっくでも私たちはいいと思ってますよ~i-239




・・・norimamaさん・・・

コメントありがとうございます。

北海道産小豆100%ですよ~~!贅沢な子犬です(笑)
ほんとに最初から食いつき良かったですi-184

病院の先生によると、「あんこで薬飲まない子はほとんどいない!」
と自信を持ってらっしゃいました。きっと院長先生もあんこ好きですねi-278

動物病院って評判に差がありすぎて、情報収集が欠かせません。
こちらの病院も実際行っている知人はいないのですが、
他の一般的な治療と違うものが良かったので選んでみました。

今後も経過報告していきたいと思います!

norimamaさんのビションちゃんも心配ですね・・。
どうか良い病院、信頼できる先生と出会えますようにi-189



プロフィール

うさ

Author:うさ
     ★
     ★
犬の名前:むっく
犬種  :ビション・フリーゼ
生年月日:2010.3.14
好き:人(特にメンズ)・犬全般
嫌い:特にナシ 

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。