スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表皮嚢胞事件

先週のある朝、
突然むっくが尻尾の辺りをすごく気にしている・・・・

で、尻尾をよけて、毛をかき分けて見てみると

なんと イボ発見

血も滲んでる。

幸いむっくは痛そうではないけど自分の血の匂いが気になっているよう。


ちょうど二年前むっくさんの可愛らしい乳頭をイボと間違えた苦い記憶はあれど(→参照)、
今回は一瞥してイボだと確信
即皮膚科のある前回と同じ病院へ


診察の結果、「表皮嚢胞」でした・・・・もちろん良性。
角質再生の循環過程で古い角質などの老廃物が、
表皮下の毛穴の中で詰まってしまい出来たいわばニキビのようなもの。

病院で中の詰まり(膿)を取ってもらい細胞検査をし、患部を綺麗に消毒、その際に周辺の毛を刈った為
むっくさんの背中は今まあるくハゲが



処置後の写真
(ご覧になりたくない方はご遠慮ください)





写真 2013-09-13 10 39 12


お薬は抗生物質を7日分、一日二回の消毒の為の消毒液。
写真 2013-09-13 17 42 58

今は赤味も引いて患部にかさぶたも出来、むっくもまったく気にしていない様子。


本人は痛くも痒くもないのかなぁ
これも病院に行った日の午後の様子なんですが、
いつもとまったく変わりないぐうたらむっくさんでしたよ・・・・
写真 2013-09-13 17 24 26



しかし・・・・


いつも全身マッサージをしながらの毛玉チェックや痛いところや変わったところはないか見ていたつもりだったけど、本当に突然思いがけずイボが出来てました
前日も夫がブラッシングして、色んな細かいことも見逃さないタイプなのに発見出来なかった。









ごめんね。









ごめんね、むっく。







こんなことして遊んでる場合じゃなかったね。
(でもやったのはおとぉちゃんだからね)
写真 2013-09-13 17 33 30 (1)



何をされても微動だにせずいつも笑顔のむっく、
写真 2013-09-13 17 34 06 (1)


この時もまさかむっくさんが背中でイボを育てていたとは露知らず




しかもイボがあったのは、背中のいつもちょうど尻尾が乗ってるくぼみの辺り。
写真 2013-09-13 18 11 32



刈られた部分の露出を心配していたのですが、
あら不思議。普段は尻尾ですっぽり隠れ、それも杞憂に終わりました
写真 2013-09-13 18 13 46



とりあえず、本人が変わらず元気だったのが一番の救い

患部は幸いにも掻き壊したり舐めたりできない場所なのですが
万全を期して少しの間エリカラ生活で。

写真 2013-09-13 17 23 25
この子の場合、エリカラも枕代わりになってなかなか重宝、そんなに嫌がらないので助かってます

再発しないよう
気を付けようね


↓↓応援、ポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
 
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村 ビションフリーゼ
スポンサーサイト
プロフィール

うさ

Author:うさ
     ★
     ★
犬の名前:むっく
犬種  :ビション・フリーゼ
生年月日:2010.3.14
好き:人(特にメンズ)・犬全般
嫌い:特にナシ 

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。